理事長ご挨拶

   社会の急速な高齢化は脆弱性骨折の劇的な増加を招き、患者、その家族、保健システムおよび社会全体に大きな負担を課しています。

現状を打開して、患者の機能を回復させその後の骨折を予防するという目的のためには、脆弱性骨折治療への体系的なアプローチの一日も早い実現が必要です。具体的には、①脆弱性骨折特に高齢者の大腿骨近位部骨折を受傷した人の運動機能を元どおりに回復させるための多職種・多分野連携による最善の急性期治療、②脆弱性骨折が最初に発生した後の、次の骨折を予防する迅速かつ確実な二次骨折予防の2点です。

 Fragility Fracture Network(FFN)はこれらの課題を解決するために2011年にヨーロッパで設立されました。そのVisionとMissionは下記の通りです。

Vision

A world where anybody who sustains a fragility fracture achieves the optimal recovery of independent function and quality of life, with no further fractures.

Mission

To optimize globally the multidisciplinary management of the patient with a fragility fracture, including secondary prevention.  

 

このヨーロッパでの動きを受けて我が国では2012年にFFN日本分科会を設立、2015年には「NPO法人 日本脆弱性骨折ネットワーク」として公式な団体となり活動を続けています。本ネットワークの目的は、FFN Grobalと同様に、高齢者の健康寿命延伸のために、脆弱性骨折を起こした患者さんに多診療科連携・多職種協働によって最善の治療を行うとともに、一度脆弱性骨折を起こした患者さんが二度と骨折しないよう、整形外科医・老年病医・内科医・麻酔科医・婦人科医・看護師・理学療法士・薬剤師・管理栄養士・社会福祉士・骨粗鬆症マネージャー・病院事務などが多職種協働によって骨折リエゾンサービス(Fracture Liaison Services=FLS)を構築し、患者を確実に追跡することによって骨粗鬆症の治療率向上と二次骨折予防を実現することです。  

  「NPO法人日本脆弱性骨折ネットワーク(FFN-Japan)」は、脆弱性骨折によるQOL低下ゼロと二次骨折ゼロを目指し、医療職、介護職、行政職などの専門職の教育と啓発、並びに一般市民への啓発活動を行います。

 

 

 

日本脆弱性骨折ネットワーク
理事長 松下 隆

Copyright © NPO法人日本脆弱性骨折ネットワーク. All Rights Reserved.